大人向け医療体験ブース

出展情報

さまざまな健診を実際に体験していただくことで、楽しみながら自分の健康に対する意識を高めてもらいます。

1)ロコモブース

-下肢運動機能を評価しませんか?-

ロコモティブシンドローム(以下、ロコモ)は、2007年に日本整形外科学会が提唱した概念で、「運動器の障害によって移動機能が低下した状態」です。要介護の主要因となり、高齢者の生活の質を低下させ、生活活動の制限から要介護へつながるものです。その改善にロコモ対策が必要と考えています。本ブースでは、ロコモの評価である、「立ち上がりテスト」と「2ステップテスト」を用いて皆様のロコモ度を評価させていただきます。

(奈良県立医科大学整形外科 重松英樹)

 

2)睡眠ブース

快適な睡眠を手に入れよう!~いびきと睡眠時無呼吸症候群とは?~

良い睡眠をとるためには「良質な睡眠」と「十分な睡眠時間」の両方が不可欠なのです。「良質な睡眠」を悪化させる代表格はいびきや睡眠時無呼吸です。今回のブースでは、いびきをかきやすいかどうかの簡単な方法を紹介しながら、いびき・無呼吸、そして睡眠に関するご質問をお受けいたします。

(奈良県立医科大学第二内科 藤田幸男)

(奈良県立医科大学中央手術部 高谷恒範)

 

3)介護ロボットブース

-対話ロボットSotaを用いたロボットセラピー-

「ロボットのソータです。一緒に踊ってください♫特技は脳トレです。 会場で皆さんを待ってます 」

(老年看護学 澤見一枝)

 


4)メタボブース

体組成、毛細血管測定など

 

5)栄養ブース

日頃からバランスの取れた食事をとることが、健康の維持や病気の予防のために大切なことです。食生活や栄養に関するご相談があれば管理栄養士がお答えしますので、気軽にお立ち寄り下さい。

(担当責任者:栄養管理部長 吉川雅則 )

 

6)ストレスブース

ストレスを感じていてもなかなか理解してもらえないことが多いと思います。唾液アミラーゼは唾液に含まれる消化酵素の一つでありストレスの指標でもあります。例年、ストレスブースでは来場者の唾液アミラーゼを測定しておりますが、今年はアロママッサージやヨガがストレスに与える影響を測定します。

(担当責任者:麻酔科学 位田みつる)

 

7)アロマブース

エッセンシャルオイル(精油)は様々な効能があります。アロマブースでは、次の効果のあるアロマスプレーを作成体験して頂きます。

・睡眠に良い精油(ラベンダー、オレンジスイート)

・消臭効果の高い精油(ペパーミント、ティーツリー)

・除菌効果の高い精油(レモン、ティーツリー)

・集中力に良い精油(レモン、ローズマリー)

ブース担当者は、AEAJ認定アロマテラピーインスタラクターとアロマテラピー検定一級保持者が担当し、精油効能の説明や作成サポートさせて頂きます。

(担当責任者:奈良県立医科大学附属病院看護部 小走嘉彦)

 

8)アロママッサージ&ヨガ

アロマ・ハンドマッサージと椅子を使ったヨガのワークショップ。椅子に座りながら気楽にヨガのポーズと呼吸を行います。椅子に座りながら体を伸ばすので、どなたでもお気軽にご参加ください。

-アロママッサージ-

-ヨガでリラックス-

サンスクリット語(インドの古語)で“繋ぐ”という意味です 心・体・魂をひとつに繋ぎ、心身の健康・リラックスを導きます。私達は普段、無意識に浅い呼吸をしていることが多いです。 浅い呼吸は、体全体に酸素を送ることが出来ず、血管中の酸素が不足し、内臓機能の低下を招いたり、脳や自律神経に影響を及ぼし、ストレスも増幅させてしまいます。ヨガの体験をしていただきます。

(インストラクター  HATI YOGA Studio 代表インストラクター 山口千春)

YOGAでリラックスとして、インストラクター 山口千春先生による体験ヨガを開催します。椅子を使用したヨガとマットを使用したヨガの2種類です。ご予約可能ですので、受付にご連絡ください。満席になり次第ご予約を締め切らせていただきます。

<時間と種類>

13:00-13:45(定員15名): 椅子を使用したヨガ

14:00-14:45(定員15名): 椅子を使用したヨガ

15:00-15:45(定員10名): マットを使用したヨガ

16:00-16:45(定員10名): マットを使用したヨガ

17:00-17:45(定員10名): マットを使用したヨガ

尚、ヨガは30分程度の予定で、ヨガによるリラクゼーション効果をみるために施術前後で血圧、脈拍、唾液中のアミラーゼの測定も予定しております。ご協力よろしくお願いいたします。

 

9)臓器提供意思表示ブース

もし、自分や家族が臓器移植で命が助かるかもしれないとしたら、“臓器移植を受けたい”ですか、それとも“受けたくない”ですか?もし自分や家族が死に直面したとき、“提供できる臓器をあげたい”ですか、それとも“あげたくない”ですか?どれも大切な「自分の気持ち」です。家族と話し合うため意思表示カードとリーフレットを配布します。

(奈良県臓器バンク コーディネーター 松井 信一)

 

10)企業ブース

体組成計、血糖測定など(ニプロ社)、イオンモール橿原の店舗の出店もあります。

■体成分分析装置InBody

体を構成する基本成分である体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に分析し、栄養状態に問題がないか、体がむくんではいないか、身体はバランスよく発達しているかなど、人体成分の過不足を評価する検査です。InBody測定は手軽で正確に体成分を分析して、測定者の体内状態を分かりやすく把握できるよう導きます。また部位別筋肉量・体脂肪率は運動指導の相談材料として活用できます。是非InBodyのブースにお立ち寄りください。