学長挨拶

理事長・学長  細井 裕司

奈良県立医科大学は、地域や企業の方々と健康なまちづくりをめざす“医学を基礎とするまちづくり(MBT : Medicine-Based Town)”を推進しています。今回は、「新時代の生き方~健康にチャレンジ~」をテーマに、健康になる為のイベント、「健康フェア2020」を開催いたします。
今年は新型コロナウイルスの影響により、WEBで開催することとなりました。このイベントは、奈良県民のみなさまが健康で幸せになるよう願いを込めて、教職員・学生が企画したものです。直接お目にかかることはかないませんが、WEBを通じてこれまでより多くの方にご参加いただけることを期待しております。
チャンネルでは、本学の感染症センター笠原医師による感染症対策講座を始めとして、マスコットキャラクターしょうとくた医師くんによる大学紹介や、正しい手洗いの仕方、医学クイズ、めまい・骨粗鬆症・メタボ予防等の健康情報など、健康に関する催しが盛りだくさんです。ぜひ楽しんで健康について考えていただけると幸いです。

理事長・学長  細井 裕司

健康フェアとは

高齢化や生活習慣の変化が進む現在、ご自身が健康であることはもちろん、中高年世代やシニア世代の家族がいつまでも健康で長生きであって欲しいと願う方は多いと思います。更に、最近は新型コロナ感染症の拡大でどのように感染を予防するか、日頃からいかに体力をつけておくかが重要です。健康フェアでは、お子さんからお年寄りまで、家族みんなが健康でハッピーになれるような情報をお届けすることを目的としています。

奈良県立医科大学の主催で健康フェアを2016年から年1回開催しています。2016年、2018年、2019年はイオンモール橿原で、2017年はならファミリー・秋篠音楽堂で開催しました。健康で長生きするために重要な、ロコモティブシンドローム、メタボリックシンドローム、認知症、睡眠時無呼吸症候群などの知識や予防法、ストレスチェック、栄養相談、アロマによるリラクゼーション、アロママッサージ、笑いヨガ、ヨガ、笑顔度測定など大人のための健康情報をお届けしてきました。また、お子さんには、救急車体験、ぬいぐるみ病院での医療体験、心肺蘇生の体験などをしていただきました。トークショーや漫才、救急隊によるヒーローショーもお楽しみいただきました。

本年は新型コロナ感染症拡大の状況を考え、WEB開催とさせていただきました。新型コロナ感染症の予防法や、このような状況を乗り越える“新時代の生き方”をテーマに、一般の皆さんに健康に関する有益な情報を提供できればと考えております。新型コロナ感染症により厳しい状況は続いていますが、本企画を通じて、皆さんのこころとからだの健康の一助となればと思います。新たな形で新時代が迎えられることを期待しております。

前回の様子

  • 医療法人桂会 平尾病院
  • 赤崎クリニック
  • マシモ - Roo
  • 社会医療法人 平成記念会